ブンデスやドルトムントで終わるつもりはないです

サッカー日本代表の香川真司はセレッソ大阪を出た直後に
ブンデスリーガのドルトムントに所属し
世界に名を残すサッカー選手になった。

超越したテクニックとスピードを見せつけ
年間ベストイレブンに名を連ねドルトムントの2連覇に貢献したのだ。

そんな十分すぎる名誉を手に入れても香川はハングリーであった。
ブンデスやドルトムントで終わるつもりはないです」は
サッカーに対する姿勢を表した名言だ。

日本人らしい体格で
日本人の得意とするテクニックとスピードを見せつけた香川は
日本人離れしたメンタリティを持っていた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク