たどり着けなかった場所を目指したい

日本代表の田中マルクス闘莉王の名言。
彼ほどサッカーで熱い選手はそうはいない。
仲良しサッカーと揶揄される弱い日本代表(2010年)には
無くてはならない存在だ。

闘莉王のワールドカップで結果を出したいという気持ちのでている
「たどり着けなかった場所を目指したい。」は重みがある。

日系人の父親とブラジル人の母親を持ち
ブラジル人としての誇りも持っている。
日本がワールドカップ出場を決めたとき、ブラジルの国旗を掲げていた。
ちなみにキリスト教でスパイクには「神様LOVE」と書かれている。

センターバックとは思えない攻撃重視のプレイスタイルで
使いにくい選手といわれているが、少なくとも得点力不足の日本代表には必要である。
特にヘディングでの得点能力はずば抜けている。

不甲斐ないFWに対して「あのFW変えて!」という名言も有名。
田中マルクス闘莉王が最後尾にいることで
チームがビシっと締まること間違いないし。

闘莉王のハングリー魂を他の選手も学んでもらいたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク