9本の見事なゴールと10本の平凡なゴール、どちらを選べというなら僕は迷わず10本の方を選ぶよ

マルコファンバステンはオランダ代表で現役時代に3度のバロンドールを取得。
さらに、1度のFIFA最優秀選手賞を受賞。
華麗なプレーの持ち主で、「ユトレヒトの白鳥」ともいわれた。
そんなファンバステンが発した名言である

「9本の見事なゴールと10本の平凡なゴール、どちらを選べというなら僕は迷わず10本の方を選ぶよ」

ファンバステンは、万能型のFWで、ドリブルもヘディングもパスも優れていて
アクロバティクなゴールも決めることができる。
得点パターンを豊富にもっていて、仲間を生かすのも上手かった。
バロンドールの経歴からも素晴らしさが分かるだろう。
見事なゴールを量産していたファンバステンだからこそ言える名言だ。

これは小学生のサッカーコーチが教えるにはぴったりのサッカー名言。

しかし、泥臭くてもゴールをきめればいいんだ。
そんなメッセージが伝わってくる心に響く名言であった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク