強いものが勝つんじゃない。勝ったものが強いんだ。

1974年に西ドイツ代表がワールドカップで優勝した。
だが、世間はオランダが優勝すべきだったとの声が多かった。

それに対して「なぜ勝ったのに強いといわれないんだ」という意味で
ベッケンバウアーが残した名言。
強いものが勝つんじゃない。勝ったものが強いんだ。

「勝ったんだから強いのは俺たちだろ、認めてくれ」
と言った嘆きにもとらえることができる。

ちなみになぜオランダが優勝すべきだったのかというと
当時、オランダ代表のトータルフットボールが世間の注目を集め
さらに東ドイツ、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイなどに勝利し圧倒的な強さを誇った。

未来のサッカーといわれたトータルフットボールという
斬新かつ美しいサッカーをしているオランダが
ワールドカップを優勝すると誰もが思い期待したのであった。

しかし、実際にはベッケンバウアー率いる西ドイツが優勝。
優勝に喜んでいるのは世界で西ドイツの国民だけとも言われた。
ベッケンバウアーもそんな世間の声に反論したくて発した名言であった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク