父親を返してくれないのなら私はW杯には出ない

日本のバラエティー番組でも取り上げられた
サッカーに纏わるとても有名な事件。

94年アメリカW杯開催前に
ブラジル代表ロマーリオの父親エデバイールが誘拐されてしまう。

当時ローマリオといえば、唯一無二のブラジルの絶対的エース。
ブラジルのワールドカップの盛り上がりは日本の比ではない。

犯人側から要求に対してのロマーリオの言った名言がこれだ。
「父親を返してくれないのなら、私はW杯には出ない。」

なんと、ロマーリオは犯人に対して逆要求をしたのだ。

犯人は
「まずい!ブラジル人全員を敵にしてしまう」

もしくは、
「まずい!ブラジルがワールドカップで優勝できなくなってしまう」

と思ったのだろう。
その後、あっさりと父親は解放された。

ロマーリオはその94年ワールドカップで5得点を上げて
ブラジルの4度目の優勝に大きく貢献。
同大会のMVPと同年のFIFA最優秀選手に選出され、
スター選手の地位を不動のものにした。

こんなドラマみたいな話があるんだなぁ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク