短い選手生命の中で何か歴史に残ることをしよう

選手のサッカーキャリアなど短いものだ。
その短い選手生命の中で何か歴史に残ることをしよう。

オシムの名言である。
なんて刺激な言葉だ。
これを聞いて燃え上がらない選手はいない。

サッカー選手の平均年数は5年といわれている。
カズやゴンのように20年以上もプロをやっている人もいるが、
ほとんどは数年で首を切られているのが現状だ。

日本代表クラスでも来年は切られてしまうかもしれない。
やはり今を精一杯頑張るしかない。
モチベーションを保ち続ける意味でもオシムの名言は
迷いをすっきりさせてくれるだろう。

サッカーは人生そのものだ。人生からは逃げられない。
オシムが2010年のワールドカップで日本代表の監督になっていたら
どうなっていたのだろうか。

オシムが一番無念であったはずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク