オレは焦っている。もう24歳。現状はオレの描く本田圭佑ストーリーに全然追い付いてきていない

若くして日本人最高のプレイヤーと呼び声の高い本田圭佑。
世界的にもHONDAの名は認められた。

だが彼は現状に満足せずに常にハングリーである。
日本では若くして圧倒的な実績を残しながら世界基準で自分を捉えている。
ワールドカップでの活躍で評価された後もこのように語っている。

オレは焦っている。もう24歳。若い若いなんて思っていたら、もう引退間近ってことになる。
周りには、オレのことをいい感じで成長していっていると思っている人もいるかもしれない。
ただ、ここからが本当のスタート。
現状は、オレの描く本田圭佑ストーリーに全然追い付いてきていない。
成り上がれる時に、成り上がらないと。

現時点での世界で活躍するプレイヤーはメッシ、Cロナウド、ルーニー、カカ。
彼らは本田より若くして世界的に認められた選手となった。

(彼らはワールドカップでの活躍は本田以下であったが)
日本人が世界的なスターをライバル視していることは頼もしい限りだ。
レアルの10番を目指しているならこれくらいになってもらわないと。

しかし本田は24歳であり、ビッグクラブで実績残しとかないといけない年齢である。
上には上がいる。それを考えるとやっぱり焦ることになるのだろう。

本田圭佑が早熟タイプの選手でないことを祈る。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク