「なんでそこまで現役にこだわるの」って言われるけど「なんでこだわらないの?」って思う

血がにじむようなトレーニングをしてもサッカーが上達するとは限らない。
人間には老いがあるからだ。

上達に限界があると感じたとき
ギリギリのところで戦っているプロのサッカー選手は
不安になり自己嫌悪に陥ってしまうのではないだろうか。
事実、引退をする選手は自分の衰えていくプレーに耐えれなくてやめていく。

たがそれは少し寂しい気もする。
サッカー選手はサッカーが好きだからサッカーをやっているのではないだろうか?
上達が見込めなくてもプレーするステージを落としてでも
現役にこだわるべきではないだろうか。

その点、中山雅史の意思は強かった。

「なんでそこまで現役にこだわるの」って言われるけど「なんでこだわらないの?」って思う

こんなに力強い名言はないだろう。
ゴンにはいつまでも現役でプレーし続けてもらいたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク