君が代はきちんと歌わせてほしい

サッカー日本代表に最も思い入れのある選手は多数いる。
中澤祐二は高校時代からひたすらサッカー日本代表になることを熱望していた。
彼は人一倍、日本に対して誇りを持っていた。

そのとき事件は起こった。
アジアカップの中国戦で、君が代の最中に
中国サポーターからブーイングが起こったのだ。
メディアは大きく取り上げ、中澤もブーイングについて痛烈に批判した。

「君が代はきちんと歌わせてほしい。
あの時のブーイングだけは絶対に許せない」

熱いハートを持った選手は信頼され好かれる。
彼が長い間日本代表のキャプテンを務めているのも
その熱い闘志があるからだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク