100万年経ってもマラドーナの足元にも及ばない

歴代の選手と現代の選手を比べることは容易ではない。
ただ、メッシのプレーはマラドーナを超えたのではないか?という声もある。

それに対してメッシらしい謙遜した名言を残す。
「100万年経ってもマラドーナの足元にも及ばない」
この謙虚さがファンに愛される理由だ。

彼は果たしてマラドーナを越えたのか?
マラドーナのゴールといえば5人抜きであるが、
メッシもそれをやってのけた。
このゴールはよく比較される。

マラドーナはワールドカップ準決勝で
メッシはスペイン国王杯だった。

確かにレベルや大会の大きさで言えばマラドーナだが、
メッシのほうがディフェンスがレベルが高いといえる。
現在様々な映像や知識が発達し、メッシのドリブルは研究し尽くされている。
それでも止められないのである。

マラドーナは10秒でゴールしたがメッシは12秒かかった。
これも速ければレベルが高いとは言いがたい。

二人の決定的な違いは
マラドーナは引退し、メッシは現役であるということだろう。
もしかしたら6人抜きもあるかもしれない。
メッシという伝説はまだプレイヤーとして生きているのだから。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク