短距離では勝てないがリレーなら勝てる

日本人は骨格の違いでどうしても世界と差が出てしまう。

日本は北京五輪で短距離史上初のメダルを取得した。
その種目は400メートルリレーである。
逆に言えば、短距離はリレー以外これまで1回もメダルを取得していない。
個人能力では勝てないのだ。

サッカーでも同じことが言える。
世界で通用する世界プレイヤーは少ないであろう。
かといって悲観することはない。
個人能力だけで決まるほどサッカーは単純なスポーツではないからだ。

岡田監督は選手個々のフィジカルや高さ術で劣ることを認め
組織力で勝負していくための名言であった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク