いつかワールドカップに出れなかったことが良かったと思えるぐらいうまくなる

2002年のワールドカップで直前に選手選考にもれた中村俊輔が言った言葉。
「いつか、ワールドカップに出れなかったことが、よかったと思えるぐらいうまくなる」

この後に彼は知名度、実績ともに日本No1の選手となった。
まさに有言実行の名言であった。

2002年に中村俊輔が日本代表から外れたとき、マスコミはかなり落胆していた。
日本代表の中村のユニフォームがアディダスの広告塔として作られ、
当選確実のような報道であった。

選ばれたのは30歳を越えたベテランの中山と秋田である。
チームのバランスを考えたというトルシエ監督を批判する声もでた。

しかし、皮肉にも2002年のワールドカップで日本は予選リーグを勝ち抜き、
歴代最高の結果を残した。
俊輔を外したトルシエは間違っていなかったのだ。

2006年のワールドカップで中村俊輔は出場するも結果は惨敗。
ワールドカップでは実力がだしきれていないままである。
2010年では活躍できるのか、または2002年の再来のようなことがあるのか。
日本に限らずサッカーの代表メンバー選考は目が離せない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク