自分は毎回メッセージ付きのパスを出している

日本サッカー界で天才といえば小野伸二だろう。
小学生時代から「天才」と呼ばれ、13歳でU-16日本代表に初選出など
幼少時代から輝かしい実績を残している。

小野の特徴はなんといっても
圧倒的な技術の高さとボールコントロールの正確さである。
ボールと会話できる選手」と言われるほどだ。

またテクニシャンにありがちな
利き足に持ち替えようとする動きはほとんどせず
両足とも高精度のシュートやボレー、クロスを蹴ることができる。

反面、あまり走らずガムシャラにプレーするタイプの選手ではないので
負けている試合の際は地蔵などと揶揄されてしまうこともある。
だが、プレーの質は間違いなく天才だ。

そんな小野のパスはエンゼルパスとも言われ
仲間のことを考えた天使のようなボールを蹴った。
(中田のキラーパスほどは定着しなかったが。)

受け手にこういったプレーをしてもらいたいという気持ちを表した
自分は毎回メッセージ付きのパスを出している。
自分のパスに自信と責任をもっているからこそ言える名言である。

個人的にはメッセージ付きのパスより、小野のサイン付きのボールを貰いたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク