お金を払ってでも行きたい

サッカー日本代表としてワールドカップに出場する。
これはサッカー選手ならば必ず叶えたい夢である。

それはチームを日本一に導きJリーグMVPにも選ばれた男にとっても例外ではないようだ。
Jでナンバーワンと言える小笠原満男はこのように発言した。
「(W杯の)可能性はゼロじゃない。
 バックアップでも入れるのなら入りたい。
 お金を払ってでも行きたい」

ワールドカップへの熱い気持ちが伝わる。
こんな素晴らしい選手がなぜここまで追い込まれないといけないのか。
日本一の称号を手にしてなぜ日本代表の選考から落とされてしまうのか。

サッカーの代表監督というのは責任重大である。
「代表監督というのは国中で総理大臣の次に嫌われる存在だ」
というオズワルド・アルディレスの名言も理解できる。

だが残念ながらお金ではどうにもならない。
「イングランドの白いシャツはお金では買えない」
という名言もあるくらいだ。

はたして本当に代表に選出されるのにお金は必要ないのであろうか。

日本サッカー協会はアディダスと160億円でスポンサー契約
中村俊輔もアディダスと年間5000万円で生涯スポンサー契約

イングランドの白いシャツはお金では買えないが
日本の青いシャツはお金では買えるかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク