イングランドの白いシャツはお金では買えない

イングランド代表に選ばれるクラスのプレイヤー達はお金に不自由していないだろう。
当然ながらお金は全てを叶えてくれる魔法ではない。

代表ではストライカーとして活躍し、キャプテンを務めたシアラーは
サッカーの母国である我が国の代表に誇りを持っていた。
そして、代表に選ばれることをこのような名言で表現した。
イングランドの白いシャツはお金では買えない

代表に選ばれるということは価値があることだし誇りに思わなければいけないのだ。

だが、実際にお金で買えてしまうものはたくさんあり、
現にサッカーのクラブチームは富豪に買収されている。
代表チームまでもが会社にのっとられてしまったら…と思うとぞっとする。

ちなみに、日本サッカー協会は2006年にアディダスと8年160億円でスポンサー契約してる。
アディダスと個人契約している選手の多くは代表に選ばれている。

小笠原がプライドを捨てて
「お金を払ってでも代表に行きたい」と言ったことがあるが

日本の青いシャツならばスポンサーの力で手に入れることができるのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク