バロンドールはFWやMFが取るための賞なんだよ

世界最高のサイドバックと賞賛されたロベルトカルロス。
スピード・スタミナはもちろんのこと、
物理学者の研究対象になったほどの強烈なフリーキックをもっている。

だがディフェンスというポジションはサッカーでは最も目立たないところ。
高額年棒の選手を並べてみたら分かると思うが
ディフェンス陣が上位に食い込むことはまずない。

点を取れるFWとMFが人気があり年棒も高い。
同じピッチでサッカーをしているのに少し厳しい現実である。
(花形のポジションほどレギュラー争いが熾烈なことを忘れてはならないが)

バロンドールはFWやMFが取るための賞なんだよ。
もうそう思うことにしている
ディフェンスというポジションで得点を量産するのは賞賛に値するが
さすがにFWの得点数には叶わない。

ロベカルの嘆きの名言である。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク