ほとんどの選手がJリーグでプレーしてるんで足を運んで盛り上げてもらいたい

2010年ワールドカップで日本は敗戦はしたもののベスト16の大健闘。
この結果には直前で日本代表のゲームキャプテンを任された長谷部誠の力が大きい。

ポジションやプレーは決して華やかではないが、
ブンデスで鍛えぬいたフィジカルと判断力と安定力は見事。

また、キャプテンになってからも
「僕は何もしてない。今でもゲームキャプテンは中沢さんだと思ってる」
と謙遜する人間性もキャプテンに適していた。

その主将である長谷部の試合後の名言も素晴らしかった。
「ほとんどの選手がJリーグでプレーしてるんで足を運んで盛り上げてもらいたい」

自分が所属しているブンデスリーグのことでなく日本サッカーのことを考えた名言である。
2010年のサッカー日本代表はチームワークが素晴らしかった。
これはキャプテン長谷部の力も要因である。

ちなみに日本がW杯初出場を決めた1998年の「ジョホールバールの歓喜」の後で、
中田英寿はセリエAでプレーしながらも「Jリーグも盛り上げてください」と言った。

この二人の利他の心は見習うべきだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク