バカ、J1だよ

永遠のサッカー小僧、松田直樹。

サッカーの日本代表でも活躍し、
マリノスには16年もの間所属し数々のタイトルを総なめした。
ファンは松田直樹をミスターマリノスと呼んだ。

しかし、彼の熱意とは逆に老いとともに落ちるパフォーマンス。
ついにはチームから解雇宣告されてしまう。

それには多くのマリノスファンが立ち上がり意見を求めた。
マリノスだけでなく日本中のサッカーファンが
「一つの時代が終わった」とたくさんのサッカーファンを落胆させた。

マリノスのコーチとして残る道もあったが
サッカーが好きな松田直樹は現役続行を決意した。
行き先はJ1の下のJ2ではなく、さらにその下にカテゴライズされているJFLであっても。

JFLのJ1のチームに比べると環境は雲泥の差だ。
サッカー道具は自分で用意し、年収もサラリーマン以下ともいわれている。
それでもサッカーを続ける道を松田は選んだ。

移籍後、後輩でありマリノスのキャプテンである中村俊輔が松田に
「松本山雅をJ2にするのですか?」
と尋ねたら
「バカ、J1だよ」
と名言を残した。

彼は諦めてそこに行った訳ではない。
勝つために松本山雅に行ったのだ。

そんな松田の新たなステージを最後まで見届けたかった。
松田直樹の純粋な気持ちはファンの胸にいつまでも残っている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク