名波、気持ちだけでも壁に入って

サッカー界の数少ない辛口評論家といえばセルジオ越後である。
彼は試合の解説でことごとく批判をする。
選手たちのプレーを褒めることはほとんどない。

だがそれは日本のサッカーを愛するが故である。

2011年アジアカップの決勝のオーストラリア戦。
李のスーパーボレーで1点をリードした延長後半ロスタイム。
岡崎の不用意なハンドでゴール前でFKを与えてしまう。

先日の準決勝の韓国戦では延長後半ロスタイムに追いつかれてしまったこともあり、
最悪のイメージを思い浮かべるには十分すぎる状況となってしまった。

頼む守りきってくれ。
日本中がそう思っていた矢先
セルジオ越後がピッチレポーターである名波にこのような名言を伝えた。

「名波、気持ちだけでも壁に入って」

この一言で日本国民の気持ちが一つになって一緒に壁に入った。

ちなみにその五分前の李のボレーシュートが決まりリプレイで流されたときは

「ほ~ら、李だよ。」

とはしゃいでみせた。
親善試合ではボロクソ言うが大事な試合で結果を残すと大はしゃぎ。

セルジオ越後はアンチもファンも多いが
日本のサッカーを盛り上げる一因になっていることは間違いない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク