ひとりのアスリートとして見てもらいたい

なでしこJAPANのアイドルである川澄。
だが本人はマスコミが「川澄ちゃん」と表していることを良く思っていないようだ。
「できればやめてほしい」
「普通に川澄と呼んでほしい」
「ひとりのアスリートとして見てもらいたい」

川澄のサッカーの実力で勝負したいという気持ちを込めた名言である。

その発言に対してマスコミは追い打ちをかけるように
「川澄が脱アイドル宣言!」なんて表するから性質が悪い。
彼女は初めからからアイドル宣言なんてしていない。

このままでは中田英寿のようにマスコミ嫌いになってしまう。

とは言え、なでしこジャパンの人気がいつまで続くかわからない。
日本のスポーツの普及にはスター選手が必要だ。

単独でのCMも決まり人気がうなぎのぼりの川澄。
川澄の活躍がなでしこジャパンの将来にかかっているといっても過言ではない。
そんな重圧を背負い、ストイックな川澄は今日も練習している….はずだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク