おれ、バルサに入る

サッカーの名言ではなく
9歳という若さでバルセロナの下部組織に入ることができた
久保建英(クボタケフサ)くんのお父さんが書いた本のタイトル。

親の教育方法から具体的な練習方法までを網羅している。

親の教育なくして子供がスポーツ選手として
大成するのは難しいと考えさせられる1冊でもあった。

父親である建史さんが
子供をバルサに入れるための何をすべきかを徹底的に調べ上げ
2歳のころかサッカーボールに囲ませて
幼少期から毎朝と子供と公園に行って1時間の朝練を行うストイックさ。

それは決してそれはスパルタではなく、
子供にサッカーの楽しさを伝えることを重視しし、
サッカーだけでなく、私生活とのバランスを保ちつつ
愛情たっぷりに育てている様子が分かる。

すでに幼少期から自らサッカーに向き合っているタケフサくんの様子が伝わった。

お父さんだけでなくお母さんの協力も素晴らしい。
最も印象に残っているのは、
長男である建英くんを「次男として育てたい」というところ。

カズや本田を筆頭にサッカー日本代表選手も次男が多く
野球選手であれば王や長嶋や松井が次男である。
スポーツ選手は次男が向いているのでは?と目を付けた。

兄が見本となり、兄と同じことをチャレンジするから
次男のほうが成長が早いのだ。

それを考えた両親は縦割りのある幼稚園を選び通わせた。

親が考え抜いて最善の方法で教育を行い
全てに答えた久保建英くん。

原則13歳から入団ができるバルサの下部組織に9歳で入る
初の快挙を成し遂げた日本の子供。

彼の将来が楽しみで仕方ない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク