なんなんすか、これ?

ヴェルディ黄金期の監督であった松木安太郎。
引退後はサッカーとは無関係なバラエティにも引っ張りだこ。

そんなJリーグ黄金期の時代に監督をやった男は
サッカーの解説者として数々の名言…ではなく迷言を残している。

2011年のアジアカップのシリア戦。
オフサイドの選手をキーパーの川島が倒してしまった。
副審はオフサイドフラッグを上げているのだが、
主審はファールと見なし、PKとしさらに川島を一発退場とした。
誤審である。

その試合の解説者の松木はこの誤審に素晴らしい名言を残した。

「なんなんすか、これ?」

確かに「なんなんすか、これ?」と言える誤審ではあったが
解説者がこれ言っちゃおしまいでしょう(笑)

冷静に状況を視聴者に伝えるのが解説者でなのだが
これではサポーターと一緒に興奮しているだけだ。
だが松木の感情を露にした解説は批判も多いがファンも多い。

なんなんすか、この解説?

と思わずに見守っていきたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク