ヒーローになると言い聞かせてやっていた

2011年のサッカーアジア杯は李の決勝点により日本の優勝で幕を閉じた。

控えの選手たちが上手くモチベーションを保てていたことは、
今大会優勝の大きな要因のであった。

李の「ヒーローになると言い聞かせてやっていた」
はそのことを象徴している名言である。

李のほかにも、細貝、伊野波など試合のたびにラッキーボーイが出現し
途中出場の選手が大活躍した大会であった。
控えメンバーがモチベーションを保てていたことを表している。
一つのチームとして少しずつレベルアップしてきている証拠である。

李の日本を優勝に導いた決勝点。
まさにヒーロー。なのだが、

勝利インタビューでは皆口を揃えて「チームの団結」を強調していた。
しかし、<李だけ「俺はヒーロー」発言。 少しばかりの物議を醸してしまった名言であるとも言える。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク