苦しい時は私の背中を見なさい

2011 FIFA 女子ワールドカップで日本は優勝した。
日本のキャプテンである澤穂希(さわほまれ)は大会のMVP、得点王を受賞。
まさに女子サッカー界の世界No1の選手である。

歴代でも、なでしこジャパン出場試合数、得点数ランキングともに1位となり
男子サッカーを含めた得点記録をも抜いた。
そんな澤のサッカーの名言はどのプレイヤーよりも逞しかった。

「苦しい時は私の背中を見なさい」
世界4位となった北京五輪で間宮に伝えた名言である。
間宮は最後の1秒まで澤の背中を見て走ったという。

この言葉があったから今のなでしこがある。
そして澤穂希は日本サッカー界の生きる伝説となった。

今では女子サッカーのみんなが澤の背中を見ている。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク