ボールは汗をかかない

子供からプロのサッカー選手まで幅広くつかわれる名言である。

一人でドリブルしてゴールするにはかなりの距離を走る必要がある。
つまり、プレイヤーが汗をかいてしまう

しかし味方にパスをつなげばボールは動くが走る必要はない。
よってボールは汗をかかないとなる。

分かりやすい擬似表現である。

ドリブル好きにはチョット嫌な名言かもしれないが、
サッカーはチームスポーツであるがゆえに、この考えが支持されることが多い。

しかし、サッカー日本代表の選手は
ボールにばっかり汗をかかせて、
ドリブルで仕掛ける選手が少ないのが現状だ。
もっとドリブルでゴリゴリいくようなエゴイストなFWが欲しい。

ボールは汗をかかない。
サッカー日本代表にとっては不要な名言なのかもしれない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク