テクニックには頼るが、スピードには頼らない

静岡学園の井田勝通監督は教え子にこのように伝える。
「テクニックには頼るが、スピードには頼らない」

静岡学園といえば、テクニックである。
このサッカーに憧れて県外から入部する人も多数いる。
伝統のサッカーは強みになるし、それを表現した名言といえる。

高校サッカーというのは、伝統というものを引き継いでいるところが多々ある。
Jリーグよりも深い歴史があるのだ。

現代のフィジカルサッカーに遅れをとってしまうという欠点もあるが、
趣旨をわかって入部する選手もいて、方針が分かりやすいという利点もある。

テクニックは若いうちが吸収しやすい。
目先の勝利ならば放り込みサッカーが効率的ともいわれるが、
数々のプロ選手を生み出した静岡学園は
将来性のある育成をする。
何よりもテクニックサッカーは観客を魅了する。

OBというのは部の存続の為に寄付などを行っている人も多数居る。
伝統をを変えたときOBの選手達は黙っていないかもしれない。
もっとも勝てないのならば話は別だが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク