1回のプレーで観客を酔わせろ

サッカー漫画のジャイアントキリングの主人公であり監督の達海が
伸び悩む新人に対して言った名言。

「そのまま行け。何度でもしくじれ」
「その代わり、1回のプレーで観客を酔わせろ。敵の度肝を抜け」

毎回無難なプレーでチャレンジを避けていては何も出来ない。
1回の最高のプレーをしようと試合に臨むほうが上手くいくかもしれない。

ジョホールバルの歓喜で、
日本初のワールドカップ出場を決めたのは岡野の決勝ゴールであった。
その間、何度も何度も岡野はキーパーとの1対1などの絶対的なチャンスを外した。
しかし、最後の最後でゴールを決め語り継がれる最高のプレーとなった。
(ゴール自体は決して綺麗とはいえないが)

バラエティ番組で奈良橋が、
「途中から出場した岡野が良い所を全部持っていった」
「俺は前半から出場しているのに」
と笑いながらいっていた。
あぁ、奈良橋も出てたんだ!って思った人も多いだろう。
岡野はベンチ要因であまり使えるプレイヤーではなかったが
決勝ゴールの印象が強すぎるのだ。

1つのプレーで大逆転できる要素がサッカーにはある。
「今日は調子が悪い」と諦めないで、
「何かやるぞ」という気概でサッカーに望むべきだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク