時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

中村憲吾

喪失感は一生忘れられない

更新日:

2014年のワールドカップのメンバー発表で日本は大切な選手を失った。

中村憲剛は安定感のあるベテランだ。

日本の代表選手はフワフワしている。
例えば、エースである本田や香川にしてもそうだ。

本田圭佑や香川真司がベンチに座ったらどうなるだろうか。
本田なら「今が正念場やな、これからの俺を見とけや」
香川なら「何が俺に足りないんやろうかと自問自答する」
とか個のことを平気で言ってしまうだろう。

代表は違うんや!!

エースとしての自覚にこだわる必要はあるようだが、
出ている選手を励ます、チームの駒として何ができるかを考える。

そんな思考ができる選手が一人もいないように思えた。
その点、中村憲剛は異なる。

自らが本田の代役だと自覚し
ベンチにいても腐らずに若手を鼓舞する精神力を持っている。

過去に結果を出せたワールドカップは2002年と2010年。
最大の失敗は2006年のドイツ大会と言われれている。

2002年ではベンチにいると腐るからという理由でトルシエは中村俊輔を外して中山と秋田をサプライズ選出し
2010年はベテランで精神的支柱である川口を選出した。
2006年はスター選手を上から順に選んだ。

結果は言わずもがなだ。

考えても見てほしい。
代表の人数が23人では少ないとザッケローニがFIFAに直訴したとか意味不明な記事もあったが
代表の半分以上は先発にでれない選手たちなのだ。
クラブチームに戻れば主力であるはずの選手がベンチに座ることになる。
2006年のようにエース特有のメンタリティの弱い選手たちを並べただけでは不穏な空気になるのは目に見える。

それだけに中村憲剛が代表にいることの意義はあったはずだ。

本人も代表に対する思いから
喪失感は一生忘れられないとブログに綴るほどだ。
今回の選出は残念でならない。

-中村憲吾

Copyright© サッカーの名言 , 2020 All Rights Reserved.