時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

久保竜彦

めんどくさいから

更新日:

久保竜彦(通称ドラゴン久保)は
日本人離れした身体能力を持ち、日本人にはないものを持ったストライカーだ。

豪快なゴールが目立つが、
ゴール前でも冷静に決めることの出来る決定力ももっている。

高校時代は無名だったため、普通に就職する予定だったが恩師のすすめで
サンフレッチェ広島の入団テストを受け合格。
日本代表にまで上り詰めた。
現日本代表の中澤と似たような雑草サッカー小僧に夢を持たせる経歴である。

九州男児であり、昔ながらの男らしさというもをもっている。
ボウズ、ヒゲというスタイルもそのままであった。
試合後のインタビューは無愛想で決して誉められた物ではないが
それがまた"彼らしさ"をだし、受け入れるサッカーファンも多かった。

試合後、豪快なジャンピングボレーを決めた際にインタビュアーが
「なぜトラップをしなかったか?」と聞かれたさいに言った言葉
「めんどくさいから」
まさにドラゴン久保である。

現サッカー日本代表の選手は良いコメントを残そうとばかりする姿勢がみえる。
こんな強烈な選手がサッカー界をもりあげるのではないのだろうか。

コーチには向いていないため、現役を退いたら、サッカー界から身を引きそうだ。
こんな不器用な男を影ながら応援したい。

-久保竜彦

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.