時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

本田圭佑

ここはオレでしょ?

更新日:

日本代表はオランダとの親善試合に、絶好の位置でのフリーキックを得た。
中村俊輔と本田圭佑の二人がキッカーのポジションについた。

強気の本田は絶対的エース(特にプレースキック)の中村に対して名言を残した。
「ここはオレでしょ?」

男らしい発言である。
協調性ばかりではチームは強くならない。
こういったエゴイストも必要であろう。

だが俊輔は後輩である本田にFKを譲らず、キックはキーパーにセーブされた。
そして、結果は3-0で敗戦。

さらに、中村俊輔は日本代表の王様であるため
この発言により本田はチーム内にも敵をつくってしまうことになった。
そんなチームだから日本代表は弱いのだ。

中田がエースだったとき、中田は俊輔にフリーキックを譲ったことがあった。
それと比較してしまうと、俊輔の器の小ささが垣間見えてしまう。
親善試合なのだから蹴らせてもよいはずなのだが
俊輔もまた、エゴイストなのだ。

それから半年後、二人の立場は逆転した。

俊輔はスペインで成果を残さずに帰国したが、
本田は成長目覚しくロシアリーグ、チャンピオンズリーグで、結果を残している。

この二人が強調していくことができるのか。
2010年南アフリカでどういったパフォーマンスを出せるのか見ものである。

このフリーキックを奪い合いシーンは
後の世代交代を語り継がれる一端となるだろう。

-本田圭佑

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.