時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

本田圭佑

俺が蹴る

更新日:

2010年ワールドカップのデンマーク戦。
本田の得意のブレ球で先制ゴールを上げ1-0の状態で
日本に最高の位置でフリーキックが与えられた。

相手のキーパーは1点を決めてのっている本田に照準を合わせ壁を作った。
しかし、そこは遠藤保仁の聖域でもあった。
遠藤はエゴイストの本田に「俺が蹴る」と名言を残した。

そして彼のフリーキックは綺麗なカーブを描きゴールマウスに吸い込まれた。
本田が強であるなら、まさに柔であり、キーパーは対策のしようがない。
デンマークからすればプレースキックの上手い選手がいる日本を恨むしかないだろう。

そして、あのゴールから1ヵ月後、G大阪携帯サイトから
「俺が蹴る」の着ボイスの配信が開始された。
ビジネスの匂いがして嫌だが、個人的に欲しい。

でも試合中ではなく、後から収録した「俺が蹴る」に価値があるだろうか。
そして着信に設定すると「俺が蹴る俺が蹴る・・・」と続くことになる。
それを考慮すると、やっぱりいらない。

-本田圭佑

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.