時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

岡田武史

外れるのはカズ、三浦カズ

更新日:

1998年に日本のワールドカップ初出場が決まった。
その際に日本サッカー界に最も貢献した男が落選した。

カズが外れたことにより一つの時代が終わった。
と思うサッカーファンは多いことだろう。

実力の衰えとともに次第にカズを見る目は厳しくなっていった。
不満も出たが、当然だろうという声も多かった。
岡田はワールドカップ出場とカズを外すという2つの伝説をやってのけた。

1998年の岡田監督は選手選考や発言に芯があり潔かった。
ただ、今は権力者(サッカー協会やスポンサー)の意見に屈する男に思える。
彼から怖いもの知らずの発言は期待できない。

「外れるのはカズ、三浦カズ」は
一つの時代の終わりを告げた伝説の名言といえる。

-岡田武史

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.