時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

トルシエ

ナカムラがいるとベンチが暗くなるから

更新日:

2002年のワールドカップでサッカー日本代表の監督はフィリップトルシエであった。
彼は人気選手でありアディダスの広告塔にもなっている中村俊輔をメンバーから外した。

その理由を
「ナカムラがいるとベンチが暗くなるから」とした。

信じられないとマスコミは伝えたが、
皮肉にも2006年、2010年となるにつれ、
トルシエは偉大な監督であったと実感することとなった。

ストイックなプレーは魅力的だが
個人のことしか考えないプレーは周囲に悪影響である。
チームには一体感が必要なのだ。

だが、2010年の中村俊輔の最後のワールドカップでは
ベンチながらもベテランとして積極的にチームを盛り上げ
確執が噂されている本田ともデンマーク戦のハーフタイムには手を差し伸べた。

俊輔は辛いと思うがよく耐えたものだ。
先発からもれてこそ成長する人間も多い。
今後サッカーに関わっていく際にはこの経験が生きるはずだ。

-トルシエ

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.