時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

イニエスタ

ダニ・ハルケいつでも一緒だ

更新日:

ワールドカップ決勝の延長後半残りわずか、イニエスタが待望のゴールを決めると
イエローカードを覚悟でユニフォームを脱ぎ天国の友人にアピールした。
"Dani Jarque siempre con nosotros"
ダニ・ハルケ いつでも一緒だ

ダニエル・ハルケはバルセロナの出身であり急性の心臓疾患で26歳の若さで急死した。
21歳以下のスペイン代表としても活躍したイニエスタやシャビやプジョルの仲間である。

イニエスタはワールドカップ後にスペイン紙でこのように語った。

「ダニには感謝しなければいけなかった。これまでは機会がなかったけど、彼はそれにふさわしかったんだ。この計り知れない喜びを彼や彼の家族、彼のファン、すべての人たちと分かち合いたかった。だから、試合前にあのシャツを着たんだ」

シャツアピールするのはどのタイミングがベストだろうか?と考えると
前半にゴールを決めても優勝が決まるわけではない。
優勝後のパフォーマンスとしても個人で目立てるタイミングではない。

神様がくれたかのような最高に目立つタイミングでの試合終了間際のゴール!

イニエスタはこの偉業を成し遂げたのだ!
フットボールの神様が味方したのか!?
天国のチームメイトが手を貸してくれたのか!?
やはり何かを持っている選手である。

ゴールパフォーマンスの後、涙を流したチームメイトもいた。
イニエスタの声が天国のダニハルケに届いていることは間違いない。

-イニエスタ

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.