時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

宇佐美貴史

挫折を感じたことはない

投稿日:

プロ選手というのは、常にハングリーであり、悔しい思いをして成長している。
しかし、若くして天才と言われてきた男は違うようだ。

宇佐美貴史は18歳にして、
「挫折を感じたことはない」と名言を残した。

「プロには当然なれると思っていた。
そのなかでいかに上手くやれるか。」とも語った。

13歳のときから各年代の日本代表には選出され主力として出ている。
また数多くの大会で得点王に輝いており、個人としての実績は並外れている。
自信があるのは当然といえるだろう。

高校2年生でプロデビューは素晴らしいが
高校時代から海外でチャレンジする選手が多い中で並外れた実績の割には、
着実にJリーグで力をつけていることを考えると意外と堅実なのかもしれない。

日本サッカーの枠を抜け出す選手であってもらいたいのだが、
日本に留まるところを見ると、もう少し時間がかかりそうだ。

2014年のワールドカップには選ばれますと明言していた。
今の成長からすると十分になれる可能性はある。

しかし、代表選手はエリートより挫折から立ち上がってなれた選手が多い。
彼に足りないのは挫折とそこから這い上がる力なのかもしれない。

-宇佐美貴史

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.