時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

ザッケローニ

日本には空中戦の文化は無い

投稿日:

2014年のブラジルワールドカップに向け、23人の代表のメンバーを発表された。
アジアカップから活躍している前田や豊田やハーフナーマイクなどの長身選手を外した。

そのとき、ザッケローニ監督は
日本に空中戦の文化はないと会見した。

ザックが就任してから、空中戦のパワープレーをしていない。
ハーフナーマイクを出場させても、代表メンバーは足元にでつなぐサッカーにこだわった。

「俺達は足元のサッカーでいく!」
ザックの意向を無視して、選手たちがそう表現したようにすら思えた。

その結果、ハーフナーマイクは試合で浮いている存在になり、
以降はハーフナーマイクが選ばれることはなかった。

ザックが選手の考えを尊重し、空中戦を捨てたともいえる。

捨てた戦術をワールドカップの本番でぶつける

空中戦を捨てたと明言したザックはワールドカップの本番に迷走した。

コートジボワール戦、ギリシャ戦でパワープレーの空中戦を指示しだしたのだ。
さて、前線にいるのは岡崎や大久保、香川のチビッコFWたち。

センターバックの吉田を前線に上げた。
もうメチャクチャだ。

以前、ハーフナーを出しても足元でつなぐことにこだわった本田や香川。
自分たちのサッカーが通用しなくて、彼らも自信がなくなってしまったのでしょうね。
今回は無視せずに、その指示に従い、放り込みサッカーを一緒にやったのだ。

自分たちのサッカーはどこいったんだよ。

技術の低いディフェンダーの吉田を上げたところで結果は見えている。
ぶっつけ本番で実るほどワールドカップは甘くない。

ひょっとして練習でやっていたのかもしれない。
日本のファンはそう信じたいところだが、試合後の遠藤はインタビューでこのように発言していた。

パワープレーの練習は一回もやっていない」と。

どういうことや、ザック!!

-ザッケローニ

Copyright© サッカーの名言 , 2018 All Rights Reserved.