時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

マスコミ

巧です

更新日:

現役時代はサッカー日本代表やJリーグベストイレブンにも選出された堀池巧。
サッカー解説者として活躍している。

見た目で分かると思うが、
どちらかというと生真面目で大人しい。

しかし、バラエティ思考の番組は
あえて面白い発言をさせてみようという風潮が
少なからずあるのではないだろうか。

テレビ朝日のやべっちFCでは
「巧です」のコーナーがあった。

サッカーの日本代表やJリーグで、堀池巧が上手いと思ったシーンを
自信の解説とともに「巧みです」の名言で、締めるという流れ。

解説は悪くないのだが、最後の一言で、後味が悪くなる。
笑っているのは矢部だけだ。

サッカー専門番組は、それほど多くないが
サッカーファンはたくさんいる。
はっきりいって、やべっちFCを見ている人はバラエティを見たいのではなく
サッカーのダイジェストのシーンをみたいのだ。
もっと、バラエティ色を抜かして欲しいと思っている人は多いはずだ。

その中で、テレビ朝日が考案した「巧です」は
あまり受け入れられなかったのであろう。

このコーナーはいつのまにか終了していた。
そして、堀池は監督を目指して、やべっちFCを卒業という形になった。

サッカー選手にタレントに向き不向きがあり、
堀池は裏方のほうがむいている。

おそらく数年後にはテレビからは、いなくなっているだろう。

-マスコミ

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.