時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

マスコミ

絶対に負けられない戦いがそこにはある

更新日:

テレビ朝日の考えたキャッチコピーであるが、
負けていい戦いなんてない。
とつっこみたくなる。

使い始めたのはドイツワールドカップのアジア地区一次予選から。
ワールドカップ本戦に出場するために使われた名言かとおもいきや、
そこから5年たった今でもこの迷言は使われている。
よっぽど上層部がこのセリフを気に入っているのだろうが、
聞いている視聴者はうんざりしているに違いない。

初めて聞いたときは確かにインパクトはあった。
応援するほうもドイツにいってもらいたいと、気合が入る。
そして、ドイツワールドカップで惨敗し、アジアカップなどの
「ありとあらゆる試合が絶対に負けられない戦い」になっている。
さらにやべっちFCのオープニングでも毎回このキャッチコピーが流される。

結果、テレビ朝日の試合は
どの試合がワールドカップにつながっている試合なのか分からない
視聴者の混乱を招いていることは確かである。

目先の視聴率のためにこのキャッチコピーを使うのは止めていただきたい。

-マスコミ

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.