時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

本田圭佑

孤立している。あえてね

更新日:

ACミランで結果を出せていない本田が日刊スポーツに語った。

本田 昔、日本代表でとっていた行動と一緒ですよね。俺は(ミランで)孤立している。あえてね。
コイツ、何やろうな? と。自分を持っているな、と。試合へのアプローチも全部、
自分のやり方で集中しているな、と。そういう風に(周囲の仲間に)思わせているわけです。

結果を出せないもどかしさからだろうが、これはひどい。
言い訳にもなっていない。
マスコミに語り始めると終わりに近づく。
かつて代表の中村俊輔も不調になればなるほどメディアの露出が増えていった。

ミランに行く前は期待していたが、何試合見ても本田はダメだ。
ミラニスタの40%が放出を希望している状況からしても実力は見限られている。

まず、足が遅い。
セリエのカウンターのスピードについて行けていない。

意識を変えたり、慣れれば状況を変えることができるのかもしれないが、
どんなに頑張っても簡単に足は速くならない。

フィジカルを駆使したキープ力もイタリアのDFには通用しないし、
何よりミランのカカやロビーニョ、バロテリにスター選手に比べて劣る。

本田の強みが何かが分からなくなるくらい通用していない。

でも、日本代表ではそれなりにやれる

でも、代表ではそれなりに活躍できるはずだ。
それは、代表が本田の王様システムだからに他ならない。
みな、本田のためにスペースを開け、本田が一番欲しい形でパスを出す。

こうなると、本田も実力を発揮することができるだろう。

ビッグマウス本田と言う揶揄を尽く覆してきた本田であったが、若いからこそ許される発言である。
来月は28歳になり、ベテランの域になる。
本田は今回のブラジルワールドカップで見納めになる可能性も高い。
本田が、32歳まで王様でいつづけられる確率は低いから。

-本田圭佑

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.