時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

西澤明訓

襟があるから立てる

投稿日:

襟を立てながらプレーする選手と言えば西澤明訓が浮かぶ。
それだけ襟のイメージが強い。
だが彼がエリを立てるのは深い理由がなかった。

「何故試合中、襟を立てるのか?」との問いに対し

「たいした理由はないんですけど...ないこともないんですけど...
 一般的には何ていうのかな...襟があるから立てる」

本当に大した理由がなくて驚いた。
照れ屋の西澤らしい名言である。

サッカーをプレーする際に襟を立てているだけで
「西澤のまねするな」といわれてしまう。
腕まくりをしたときの「日向のまねするな」に似ている。

-西澤明訓

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.