時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

「岡田武史」 一覧

短距離では勝てないがリレーなら勝てる

2013/12/25   -岡田武史

日本人は骨格の違いでどうしても世界と差が出てしまう。 日本は北京五輪で短距離史上初のメダルを取得した。 その種目は400メートルリレーである。 逆に言えば、短距離はリレー以外これまで1回もメダルを取得 ...

思い通りにならない事ばかりだが、たまに、思い通りになるところが忘れられない

2013/12/24   -岡田武史

元日本代表の監督である岡田武史が1999年に監督業について語った名言。 当たり前のことを言っているだけなのだが胸にグサっときたので明記しておく。 この名言は監督だけではなく、 選手やサッカーを応援して ...

外れるのはカズ、三浦カズ

2013/12/24   -岡田武史

1998年に日本のワールドカップ初出場が決まった。 その際に日本サッカー界に最も貢献した男が落選した。 カズが外れたことにより一つの時代が終わった。 と思うサッカーファンは多いことだろう。 実力の衰え ...

あと1試合このチームで戦いたかった

2013/12/24   -岡田武史

2010年の日本代表のワールドカップは 下馬評を覆すベスト16の結果で終わった。 カメルーン戦を勝利後、 日本代表は日に日に力を増していった。 数日間では個人能力は上がるわけではない。 この結果はチー ...

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.