時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

長谷部誠

茸は風通りの悪いところに生える

投稿日:

長谷部が2010年のW杯直前に浴びた多くの批判について
ドイツの哲学者であるニーチェの言葉を用いて語った。
「茸は風通りの悪いところに生える」

「批判という風が吹き込まない閉鎖的なところには、必ず腐敗や堕落が生まれる」、
「批判は風だ。ほほには冷たいが、乾燥させ、悪い金を防ぐ役割がある」
と説明されている。
ドイツで活躍している長谷部が合宿中に読んだ本に書かれていたらしい。

ワールドカップ終了後のコメントは
「Jリーグを見に来てください」など、
個人ではなく選手の代表として言葉を選んだ長谷部。
彼のキャプテンシーは見事であった。

しかし、一方で長谷部は中村俊輔との確執も噂されていた。
一部のアンチからは中村俊輔は茸と言われている。(髪型からだと思うが)

その茸を用いたニーチェの表現は、狙っていたのか、自然に用いたのかは不明である。
長谷部は賢いから狙ったと思われる。

-長谷部誠

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.