時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

内田篤人

代表引退を考えている

投稿日:

2014年のブラジルワールドカップ日本は一勝もできずに幕を閉じた。

全体的に不調なメンバーが多いように思えた。
本田、香川は自身のクラブチームで出場できていないので不調なのは想定内だが
前回大会でも活躍したJリーグ得点王の大久保やブンデスで日本人得点記録を更新した岡崎も実力を発揮しきれなかった。
ワールドカップには魔物が住んでいるのだ。

唯一、3試合すべてで安定した実力を発揮していたのは、怪我明けの内田篤人だ。
これは誰の目にも明らかであった。

攻守にわたりチームを引っ張っていた。
2010年は魔物に喰われて出場機会に恵まれなかっただけに今回は万全の態勢で臨んだ結果だろう。

前回の南アフリカのワールドカップと比較し、
成長した姿どころか劣化した選手も多いなか、内田だけは4年間を無駄にしなかった。

そんな内田が今後について
代表引退を考えていると発言をした。

こんな素晴らしい選手が代表引退を口にしてしまうのは寂しい限りだが
クラブでの活躍に集中したい気持ちも分からなくもない。

燃え尽き症候群というところだろうか。
闘志あるプレイヤーに多い気がする。

過去にも2006年のワールドカップ後に中澤が代表引退を宣言した。
しかし、すぐに取り消して2010年のワールドカップにはちゃっかり出場した。
(中田の現役引退に触発されて言ってしまった感が半端なく、格好悪かった。)

2010年のワールドカップ後も引退を表明したわけではないが

闘莉王と大久保が燃え尽き症候群になり代表引退を表明したわけではないが
「何もしたくない」といった趣旨の発言をした。

だが、内田の26歳で代表引退の宣言は若すぎる!
年齢的にもまだ実力は伸び盛りだし、彼ほどクレバーな選手はなかなかでてこない。

引退撤回してくれ!
そして、2020年も見せてくれ、内田!

-内田篤人

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.