時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

福西崇史

勝つためのずる賢さや汚さはサッカーに必要だが日本文化では育たない要素だ

投稿日:

すっかりNHKの解説の顔となった福西崇史。
現役時代はサッカーの日本代表として海外で活躍するが選出される中、
JリーグでかつMFというレギュラー争いの激しいポジションで先発に名を連ねた男である。
オシムからは水を運ぶ男と賞賛された。

フィジカルが強くファウルギリギリのプレーが得意でカードを貰う回数も少ない
日本サッカー界のマリーシアであった。

2010年ワールドカップでスアレスがゴールを手を使って阻止したことが
賞賛されたことを否定し名言を発した。

「南米の選手だからこそのハングリー精神であり、生活がかかっているからできる。
クリーンなスポーツマンシップが基本にある日本人にはできないプレーだ。
勝つためのずる賢さや汚さは、サッカーに必要だと言われるが日本文化では育たない要素だ。

裕福な日本人がワールドカップを夢見てやるサッカーと、
南米で家族の生活がかかっているサッカーでは違う。
日本人にはマリーシアが足りないと言われていたが、無理に真似ることはないのだ。
日本人には日本人のスポーツマンシップに則った戦い方がある。

ただ一つ言わせて欲しい。

福西は南米以上のずる賢さや汚さを持っていたぞ!

-福西崇史

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.