時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

松木安太郎

(永井に)ながいボールを使ってもいいな

更新日:

うざいサッカー解説者と言われていたのは昔の話。
今や面白い解説者という位置まで登りつめた松木安太郎。

「しっかり解説しろ!!」

とイライラしていたサッカーファンも徐々に松木の解説に慣れ、
テレ朝のサッカー解説ナンバーワンとも言える存在になった。
松木の解説が聞きたいからあえて民法で見るというマニアもいるほどだ。

だが、松木は焦っていた。

同じサッカー解説者であり、
シュールなダジャレを盛り込むテクニシャン早野の存在に。
NHK で幾度となくダジャレ解説さらっとやり遂げた。

言うならば興奮して盛り上げるパワーの松木、
さらっとダジャレを伝えるテクニックの早野。
松木が剛で早野が柔の図式が成り立っていた。
「柔よく剛を制す」という名言があるが松木は何かに怯えていた。

そして松木が解説する
サッカーオリンピック予選のマレーシア戦で事件は起こった。

後半に永井謙佑が途中出場し
松木安太郎から早野と比べて低レベルなダジャレを発言した。

「(永井に)ながいボールを使ってもいいな」
「(永井を)ながいボールで走らせても面白いですよ」

-松木安太郎

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.