時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

高校サッカー

国立を目指すな、世界目指してやれよ

更新日:

セクシーフットボールで野洲高校を高校サッカー日本一に導いた山本佳司監督。

彼は目先の勝利ばかりに気をとられ
世界を目指していない日本の高校サッカーに違和感を感じていた。
「国立を目指すな、世界目指してやれよ」

ブラジルの17歳は世界で活躍することを意識しているが
日本人は世界を意識していない。
高校サッカー全員にプロになれと強要することはできないが、
目先の国立ではなく将来性のある練習をしてもらいたいものだ。

サッカー日本代表の中澤は選手権に出場せずに単身でブラジルに渡った。
高校時代の彼は決して上手くなかったが日本代表のキャプテンにまで上り詰めた。
それは中澤が国立を捨ててまで世界を意識していたからであろう。

野洲のサッカーは
「できないことはするな」と怒られるであろうプレーをやらせようとする。
丁寧なインサイドキックを指導するのではなく
ヒールキックなどのトリッキーなプレーを多用する。
この美しいサッカーに魅了された人たちは数多くいる。

野洲のサッカーを目指した高校の数だけ日本は世界に近づく。

-高校サッカー

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.