時を経ても色あせない「言葉」がある それはかけがえのない英雄の記憶

サッカーの名言

その他

どんなに美しい夢であっても叶えられぬ者にとっては悪夢だ

更新日:

海外のサッカープレイヤーがいいそうな名言である。

だがこれはサッカーの名言ではなく芸人の江頭2:50の名言。
意外にも彼はキャラに似合わず素晴らしい名言を残している。

「どんなに美しい夢であっても、叶えられぬ者にとっては悪夢だ。」
夢が夢のまま終わってしまわぬように努力したいものだ。

他にもこんな良い言葉を残している。

諦めた瞬間に老いは始まってるから

イチローも最近の若い奴はと言った時点で成長が止まると言っていたが、まさにそれ。
何事にも諦めずにチャレンジしていきたい。
一生懸命は格好悪くないぜ!

人間というのはワインと違い年を重ねるだけでは旨味はでない

能書きを垂れる老害に言ってやりたいひとこと。
とくに、会社に飼いならされている、ゆでガエルの団塊世代なんかは、こういう発言が多い。
スマホも持たず、チャレンジをさけ、古き悪しき伝統を重んじる。
そして、最近の若い奴ぁ…と嘆く。

幸福は自己満足。不幸は被害妄想

これも分かり易くていいね。
あいだみつをの「幸せは自分の心が決める」と似ているが、苦しいことがあっても、幸せだと思うようにしよう。

ソフィアの歌詞で、

「失恋だとか挫折だとか、そりゃ、みんな楽しそうだ。自由で生まれてよかった。」

日本に生まれている時点で、不幸なんてたかが知れている。楽しく生きていかなきゃ損なのよね。

最近は誰が言葉を発したか、にスポットがあてられるが、中身がよければ、誰が発したかなんて言うのは関係ない。

どれもこれも、飲み屋でオヤジが言っても、ビシッと決まる、ネタである。
会社の愚痴を聞くよりも、江頭の名言を伝えてもらいたいものだ。

-その他

Copyright© サッカーの名言 , 2017 All Rights Reserved.